2005年09月30日

何ごとも・・・

17092901.jpg

愁海堂が昨年より咲き誇っています。私も自分のペースが戻せそうです。
posted by 微笑 at 23:45| 秋田 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記・コラム・つぶやき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年09月19日

お弁当生活ももう少しです。

image/b-show-2005-09-19T12:25:14-1.jpg撮影本番まじかです。
posted by 微笑 at 12:25| 秋田 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記・コラム・つぶやき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年09月17日

山の中です。

>ひとりでこの部屋です。さて温泉に入ってお布団しいて、撮影プランねりましょいかね。眠いです
(^^)
posted by 微笑 at 20:55| 秋田 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記・コラム・つぶやき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年09月15日

この週末刈り取られそうです。秋田の黄金の稲。

17091501.jpg

今週末から、お彼岸の週にどんどん風景が変って行きますね。

そうすると、冬支度です。

先日の雨で、空の雲が変って来ました。秋の雲。
美味しいお米がいっぱいとれますように。
posted by 微笑 at 23:45| 秋田 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記・コラム・つぶやき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年09月13日

日曜、大館に向かう途中です。 秋田の夕空

17091102.jpg

お月様も出てました。
posted by 微笑 at 23:45| 秋田 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記・コラム・つぶやき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年09月12日

大館神明社祭典 曲げわっぱの秋田は大館の話

17091205.jpg

17091203.jpg

17091201.jpg

曲げわっぱの職人さんの話を伺って来ました。
大館の町の庶民のお祭だそうです。八幡様は先月にあり御武家さんのお祭だそうです。

今の神明社は130年の建物でお払いをしてのお祭がはじまります。そこで、この神明社は近くから移動を命ぜられたそうですが、その場所には千年前からあったそうです。

秋田は土崎の神明社も神様が降りて来て、町を廻って帰るのですが、やはりここもそうだそうです。お旅所で中食してお帰りになるんですね。

今のように山に人が乗って町を廻る山車が出来たのはこの二十年ぐらいだそうでして、お水をかけるのは極最近のことで、毎年反省会を開催して何が善かったか楽しんだか話し合いどんなパフォーマンスをするか会議していらっしゃるそうです。

 そもそも、置山を作りそこで奇麗どころや踊りの先生が踊って見せたのを、人が廻ってみて廻ったんですって。戦前、秋北クラブがステージようの台を持って回り芸子さんが歩いて廻っては台に乗って踊ってみせたのだそうです。其れが評判になり普及して馬車の改良型に。そして、今の専用山車になったそうで、300〜500万掛かっているのだそうです。

祭で皆さんが来ているものは、大館は火事が多かっったので火事装束というのもかっこいいスタイルですね。
posted by 微笑 at 23:45| 秋田 ☁| Comment(4) | TrackBack(3) | お祭り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年09月11日

朝から晩まで走り回ったのですが、充実してました。

17091101.jpg

ここに来ると、元気が出て来ます。職人さん始め御家族、工場の人がニコニコして働いていらしゃるので居やすいのでしょうか。

曲げわっぱの仕上げがこの栗久さんは特種無し上げなのです。それは、お父さんが樺細工職人さんでその仕上げ方をしてるそうです。
何処までも、自分の作ったものが喜ばれるようにと努力の職人さん家族です。

おっと、これは元丸屋の記事になりましたね。トラックバックしときましょう(^^)
posted by 微笑 at 23:45| 秋田 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記・コラム・つぶやき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年09月10日

曲げわっぱの里のお祭り 今日と明日 秋田の話 

17091001.jpg

今日済ませて来ました。年輩の方も多かったです。

明日の秋田市の行事終了後、午後、出掛けて来ようと思います。
大館のお祭り。
栗久さんに特注の商品の経過も聞きたいので。
posted by 微笑 at 17:07| 秋田 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記・コラム・つぶやき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年09月09日

「幼わか会」 秋田の話

17090901.jpg

>今回は「わか杉ヲフ会」の名の下に開催しなくてもいいくらいなんです、僕の中では。
「幼わか会」くらいで(笑)

と言った具合で、「アンズルヨリモウムガヤスシ」のヤスシさんの帰省に合わせてプチヲフ会です。
年末は9日休まなければいけないお勤め先だそうでして。是非、メタローさんはじめお歴々と嗚呼だ好打したいと話しました。
そして、次の命題です。

【わか杉修学旅行団】の話になりまして、テレビコマーシャルに

_/_/_/_/_/_/_/
    
【わか杉修学旅行団】御一行は無事、日程を終えて宿泊地に着きました。

                   _/_/_/_/_/_/_/

行く先は京都です。如何でしょう。
posted by 微笑 at 23:45| 秋田 ☁| Comment(6) | TrackBack(0) | 日記・コラム・つぶやき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年09月08日

台風の通り過ぎた田んぼ 秋田の話

17090801.jpg

 実った稲が横になっていました。其れ程倒れていないのもありました。

実が少ないく、軽いからだそうです。
                   昨年より作柄は善さそうです。
                            
posted by 微笑 at 23:45| 秋田 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記・コラム・つぶやき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年09月06日

先日の東京大洪水。そして、台風14号  

17090601.jpg
写真は紫式部

 先日の東京大洪水は急激に変化する下水道の増水を住民が気づけなかったので避難する暇がなっかった様でしたね。

 アメリカでのハリケーンは、大きさから被害が想定出来ていながら、貧困な住民は避難出来なっかようです。もともと沼地の湿地帯を都市化して住み着いているので、水はけが出来ないこの地に再建するのか、遷都した方が早いか難しい選択がきそうですね。

 秋田には沢山の遺跡があります。そこに行くと多くは高台にあり、周囲を見はらせる事が出来、水もさほど遠く無い所で供給出来たようです。そして、自然災害もそれなりに受けていたのでしょうが、(水の被害で流されたのは発見出来ないでしょうが)住む場所を選んでいたでしょうね。河川敷に住むのは近代になっての都市化が始ってからではなかったでしょうか。

 台風14号。あまりにもゆっくりで大きいです。平成4年(?)の19号のコースより南よりかも知れませんが、秋田に来そうですね。あの時は、屋根が飛び大きな看板も坂道を登って行ったと聞きます。また、水害に弱い.地下道建設中です。どうか事前の対策が充分取られますように。お役所の方の災害前の行動を期待致します。
また、消防や警察の方々に危険が遭遇しませんように。
 とりあえず、通過中は外に出ないようにしましょう。角館のお祭りどうなるのでしょう。
とても心配です。
posted by 微笑 at 12:24| 秋田 ☔| Comment(4) | TrackBack(0) | 日記・コラム・つぶやき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年09月04日

17090401.jpg

秋の空ですね。
(横でしたのを、直しました。)
posted by 微笑 at 05:44| 秋田 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記・コラム・つぶやき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年09月03日

収穫の秋ですね。 秋田の話

17090301.jpg

家の近所の小学生が育てています。
今年の秋田のぶどう、すごく美味しいです。
posted by 微笑 at 13:06| 秋田 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 樹木・草花 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年09月01日

防災の日 人災に対しても防災して行きましょう

 今日、9月1日は防災の日ですね。210日であり、母が生まれて10日で関東大震災が起き、母はこの震災を聞きながら今に至っているそうです。

私は、第五福龍丸の日に生まれましたけれど。

 この防災ってとても大切な事だと想います。真剣に取り組んで頂きたいです。
阪神大震災の時にアスベストの事が話題になったには何処の話だったのでしょうかね。

みんな、ガードレールの金属片みたいに管理者が仕事をしていなかったから子供達がけがしても、月日が経っても気付かない仕事の仕方のままだった点を悟って行かないと益々、役場が生活者の危険を助長した結果になってしまいます。

アスベストは、お医者さんが告知したから動きが出たのですが、何故この地域に同じ容態の患者がいるのかと、住民の健康を定点観測していれば、死者が出尽くす前に対応ができるのではないですかね。住民の健康を守る役場の権限を持つように法整備して頂きたいものです。

アスベストや非過熱製剤の危険性がアメリカから聴こえていた昭和50年代に、北米では、学校及び住宅区域には板金工場を始めとする、溶剤使用施設は、健康被害があるので建設出来無くなったと聞きました。日本ではかまわず住民地区にありますけれど、私の聞き違いでしたのでしょうかね。

 健康食品とか、栄養補助食品といって薬事法ギリギリや役場が認めたような記載(厚生省認可ってよく書き込みが商品にありますが、厚生省は認可した事が無い役場ですよね。)が罷り通っているのですから、市民は危険の中にいますよ。

何かあっても、そこに居合わせないコツを掴んで行かないと大変なことになる国になっています。
posted by 微笑 at 23:45| 秋田 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記・コラム・つぶやき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。