2012年03月22日

暑さ寒さも彼岸まで…

240320-01.jpg

暑さ寒さも彼岸までと言いますが、急に吹雪いてビックリしました。

牡丹は春なので、此れはぼた餅ですね。

昨年から我が家に手づくり復活です。

美味しかったですー
posted by 微笑 at 16:14| 秋田 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記・コラム・つぶやき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年03月11日

3.11

今日は、あの3.11から一年です。

東北の中でも地形的な幸運から被曝量が少い様です。
奥羽山脈と鳥海山が広い秋田県を囲った地形です。


元丸屋にお客様からお問い合わせの中に、放射線の影響
は?とおひつやお弁当の素材をご心配のメールを頂きま
す。秋田県は原発もありませんから福島以外の原発のあ
る所より少ないと思います。

うしの餌のワラや芝、椎茸栽培の木など被曝したものは
福島から遠くても使われれば被曝した状態で放射性物質
が出て来ていますね。

ところで、1986年4月26日(現:ウクライナ)のチェル
ノブイリ原子力発電所4号炉で起きた原子力事故の際は、
翌年から世界中の羊毛やシルクの品質が落ちて世界が被
曝した事を知らされました。
今年の世界の天然素材の品質はどうなのでしょうか。

チェルノブイリの10年で人の健康に影響が甚大であった
事を知らされました。

そもそも原発が日本に入れるに至った経緯に中曽根内閣
(1982年11月〜1987年11月)当時の中曽根康弘氏の発言
に核兵器の知識は必要だからというのをNHKの番組で昨
年聞きました。
国を守るという考えの発想で言ったのでしょう。善し悪
しは別にして。

全世界唯一の被爆国ニッポンが、どれだけ苦しい地獄を
体験したのか。
また、1954年の第五福竜丸の被曝事件。どうしてあの
マグロは食べなかったかという知識を直に広報されなか
ったのだろう。ミクロネシアは被曝したまま58年除染さ
れていない。放射線の無くなるのに2万年掛かると言わ
れている。縄文時代の前あたりから現代まででおよそ2
万年だというとても長い年月だ。
なのに直にでも福島の被曝地域に帰れる様な政府の対応
が続くのはなぜなんだろう。
それでも原子力を必要とするという、体験を活かせない
政治をして来た事に疑問を持ちます。

大問題なのは、軍事利用しようとして知識が蓄積されて
いたとは到底思えない知識と経験値で、福島原発は管理
運営されてる事です。

トラブルを起こした人たちが、管理運営を続けるって話
は、他の事でもあるのでしょうか?
posted by 微笑 at 23:45| 秋田 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記・コラム・つぶやき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年03月01日

お誕生日ヽ(*´∀`)ノ ☆.。.:*・

240301-02.jpg

好い天気で港までドライブしました。

240301-03.jpg

誕生日にはケーキが定番の58歳です。
何時もは、ショートケーキなんですが、近所のグランシェフのイチゴのムースにしました。
これが爽やかな風味で美味しい事


240301-04.jpg

夕食は、鶏のお吸い物とにぎり寿司。あやめのにぎりは格別です。

posted by 微笑 at 23:45| 秋田 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記・コラム・つぶやき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。