2008年09月26日

裁判員制度についての学習 から

秋田・市民のメディア研究会 2008年9月例会

裁判員制度についての学習 から


冊子「裁判員制度」、裁判員制度 Q&A、裁判員制度広報用映画「裁判員 〜選ばれ、そして見えてきたもの〜」(企画・製作:最高裁判所69分)

この三つを学習致しました。
以下は、私の感想であり意見ですが、皆さんも時間をかけて学習しますとこの仕組みがよくわかると思います。

特にドラマ仕立ての広報用映画は、この制度の恐ろしさが何処にあるのか理解出来ました。
この裁判制度は、数多くなった事件を効率よく片付けることと、長く時間のかかる刑事事件をスピードが優先で結審することが目的で、事前に結審の方向性を裁判所で用意した上で再調査や証拠の再確認が許されないままメディアを駆使して誘導して行われるものだそうです。

その責任を国民の代表者『裁判員』におわせて済ます制度です。

これからは、えん罪が沢山生まれてきて、犯罪者であると言われても本当に悪い人かそうでないのか、分からない時代になりそうですね。

えん罪で、捕まり裁かれる時代がやってきます。

つまり、年金データ改ざんが月々のサラリーの厚生省だけでなく、仕事を国民に負担させ責任転換することに時間を費やすのが、司法の公務員の仕事なんですね。裁判員に選ばれた人たちの心の病気も増えそうです。

以下が続き…

マスコミも取材制限が今後起こるそうです。動いて欲しいところですがさっぱり動きがありません。

警察発表のみの報道でいいのでしょうか?
また、松本サリン事件の報道のようなことを全国ですることになるというのにね…


posted by 微笑 at 04:43| 秋田 ☔| Comment(0) | TrackBack(1) | 市民のメディア研究会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

小泉さん、どう責任取ってくれるんだ?
Excerpt:  昨日びっくりするニュースが飛び込んできました。小泉純一郎元総理が政界引退の意向を示したのです。郵政民営化を持論とし、これだけを争点にして2005年総選挙を自ら主導して与党が3分の2を超える議席を獲...
Weblog: 天下の大悪法・裁判員制度徹底糾弾!!高野善通の雑記帳
Tracked: 2008-09-26 13:13
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。