2006年01月24日

難しい時代なのでしょうか

それとも、こうした時代の連続なのでしょうかね。

経済の具合が旨く無いので、写真文化が崩れるかも知れません。

ニコンがフイルムから撤退宣言をしたら、SONYが請け負う事で、コニカ・ミノルタが無くなる話が発表になった事です。

ニコンのデジタルのCCDはSONYが供給していますが、やーめたってSONYが言い出したらどうにもなら無くなるニコンです。SONYは以前そういった経緯がありますのでやり兼ね無いですよね。

どうか、そんな事を言わずに、ニコンと共存共栄をもって発展して下さいね。

ニコンとキャノンにSONYでデジタル一眼の時代にしましょうよ。

ニコンもフイルムのカメラを撤退しないでF3やF100位も残しませんかね。


posted by 微笑 at 23:56| 秋田 ☁| Comment(4) | TrackBack(0) | 日記・コラム・つぶやき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
おはようございます

「ニコンのデジタルのCCDはSONYが供給している」って、初めて知りました。元々レンズや銀塩カメラのメーカーなのに、どうしてデジタルカメラにおいても高い技術力を持っているのか疑問に思っていました。以前、私の記事でも触れましたが、同じチョコレート菓子を撮っても、ニコンとSONYだけは微妙な質感まで伝わってくる、と感じていまして、微笑さんの記事で謎が解けました。そりゃあ、SONYのCCDにニコンのレンズが組み合わされれば「良くない」ワケがありませんよね。

それにしても、ニコンが銀塩から事実上撤退することで、他のカメラメーカーもほとんど追従しそうですね。コニカミノルタなんて、会社の存続さえ危ぶまれるくらいで・・・。フジだけは「今後も企業姿勢は変えない」ことを表明しているようですが。

個人的には、ニコンにはF80Sも残して欲しい、と思っています。D70を買う前に、本当は欲しかったんですよ、F6には手が出ないので^_^;

微笑さんから得られる情報はいつも「目から鱗」です。有り難うございます。

Posted by poohpapa at 2006年01月25日 08:17
poohpapaさん お晩です(^^)

「目から鱗」なんって光栄ですって言うか照れます^^;

完成されたフイルムの持つ善さを生かした道具としてカメラのメーカーが残っていければよいのですけれどね。デジタルもCCDがまだ完成された素材と思えませんので超CCDの出現で青色発光ダイオード以上の市場を掴む人がいるかも知れませんね。
液晶のモニターで値段の安い海外商品はフルカラーでは無い事を知られていないそうですし、まだまだブラウン管のモニターが色具合のモニターとしてコストパフォーマンスが優れているそうですし…
経済大国時代はモノが粗末な造りになりましたから、文化大国になって優れた物造りのできる時代になってもらいたいですね^^
Posted by 微笑 at 2006年01月26日 01:02
微笑さま はじめまして
Cyberと申します。
「悪徳不動産屋の独り言」さんで「微笑の日記」さんを知り、一昨年辺りからチョコチョコと拝見しておりました。
この度ニコンのCCDの件でリンクを張らせて戴きました。
私もD70ユーザーなので、かなり驚愕しておりますが、多分意地になってでもニコンを使い続ける事でしょう(笑)

水滴の写真、素敵でした。

まずはご挨拶まで。
Posted by Cyber at 2006年02月04日 22:01
Cyber さん お晩です(^^)

記事の方にコメントさせて頂きました。
こちらこそよろしくお願いします。
Posted by 微笑 at 2006年02月06日 01:38
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。